ラクシーロゴ
魔法のように火が消える! 究極の消火剤ラクシーシンプル
総発売元オーピーシー株式会社
防災事業部 freedial0120-45-3015

12月4日、静岡県で行われた防災訓練に参加しました。

  • 消化ポンプの起動
  • 放水訓練

12月4日、防災先進国の静岡県で行われた大規模な防災訓練に防災事業部からも参加しました。
9時00分に震度6強の大地震が来たという想定の訓練には数多くの住民が参加しました。
訓練は各市町村の主体で行われました。私どもが参加した富士宮市の地区では、各戸で被害がなかった場合に玄関先に掲げる黄色い旗の確認からスタートしました。訓練内容は下記の通り。

1.黄色い旗の確認
旗が掲げられていない家を訪問し、訓練が行われていることを告知

2.避難所への誘導
区民館前に集まった住民を避難所に誘導。道中、倒壊や火災発生の危険性について案内

3.消化ポンプの起動
消火放水車の給水側ホースの設置、ポンプ車へのホース取り付け、ポンプの起動、放水訓練

4.心肺蘇生訓練
心肺蘇生、AEDの取り扱い訓練

住民の一番の不安は、大地震が平日の日中起きた場合、成人男性の不在が見込まれること。
そうした不安に応え、放水訓練や人命救助を中学生が主体とするという設定で行われました。
しかし、一番の防災は自助、すなわち自分で自分を助けるです。自宅で火災が発生した場合は、自分で初期消火することです。
そんな時、役立つのが初期消火の名手、ラクシーシンプルです。
高齢者や女性、お子様でもペットボトルを火元に投げるだけで一気に消火。
天災は忘れた頃やってくる!を肝に銘じて防災訓練の参加、そして一家に一個、ラクシーシンプルを用意し、大地震に備えましょう。

  • 肺蘇生訓練

トップページへ戻る